女性専用酸素カプセルサロン La Sante銀座

【La Sante ラ・サンテ】とはフランス語で【健康】という意味です。

一流アスリートなどの使用で話題となっている酸素カプセルですが、実はもっと生活に身近な存在であるべきと
考えております。

現代人は、生活習慣によるストレスや運動不足などから酸素不足に陥りがちです。
酸素不足は病気や老化の原因になると言われています。

『ラ・サンテ』はフランス語で『健康』という意味。酸素カプセルによる健康促進を提案しております。
アクセスの良さも好評を得ております。
会社帰りに、お買い物ついでに、日常的な健康ケアに『ラ・サンテ』を日々の健康促進に是非ご利用ください。

ご利用の流れ

カプセルをご利用いただく際の大まかな流れと注意事項をご説明いたします。

1.『カウンセリング』

ご利用前にカウンセリングシート(酸素カプセル問診表)にご記入いただきます。
ご記入内容によってはご利用いただけない場合もございます。

2.『ご利用、注意事項の説明』

お客様が安心してご利用いただけるよう、機能や効果、注意事項などを説明させて頂きます。
不明な点やご質問などございましたらお気軽にご相談ください。

3.『酸素カプセルへ』

酸素カプセルへ入ります。スタッフが様子を見ながら気圧を上昇させます。ご安心してお入りください。
酸素カプセル内では携帯電話やミュージックプレーヤの使用も可能です。
意識的に深呼吸を繰り返し、体の隅々まで酸素を巡らせ、自然とリラックスした状態になれます。

4.『終了後』

身体中に酸素が行き渡り、身体も頭もスッキリとした状態になります。
ご利用効果は個人差がありますが、非常に素晴らしい状態へと近づきます。

ご利用前の注意事項

酸素カプセル『シグマ ハイプレッシャーカプセル』は酸素をより多く体内に溶け込ませるために気圧を利用しています。
そのため耳抜きをしないと快適にご利用いただけません。

耳抜きとは?

普段は鼓膜内の圧力と外部の圧力はつりあっていますが、気圧の変化により鼓膜内圧力よりも外部の圧力のほうが強くなってしまうと、鼓膜が内側に押され痛みや不快感を感じることになります。

それを解消するには鼓膜内に外部の圧力とつり合うだけの空気を送り込み、鼓膜を元の状態に戻す必要があります。
この動作が耳抜きです。

耳抜きの方法

  1. 唾を飲み込む
  2. 口を開けながら顎を左右に動かす
  3. あくびをする
  4. 鼻をつまんだ状態で、鼻をかむようにして空気を送り込む

これらの動作をすることで、鼻から耳へとつながる耳管が開き、空気が鼓膜内に運び込まれます。
どの方法が適しているかは各々違いますので、お客様にあった方法で行ってください。
また、その日の体調により、耳抜きがうまく出来ない場合もあります。

耳に異常を感じたら、決して我慢せずすぐにスタッフにお申し付けください。
通常よりもゆっくりと気圧を上げる事により、耳抜きをしやすく致します。

※下記に該当する方は酸素カプセルのご利用をお控えください。(必ずご申告ください。)

  • 妊娠中の方
  • 糖尿病などでインシュリンを常用している方
  • ペースメーカーを使用している方
  • 閉所恐怖症の方(カプセル内は思ったより広く、窓もついていますので大抵の方は
    ご利用いただけると思いますが、ご様子により中断させていただく場合もございます。)
  • 気圧の変化に弱い方(気圧をゆっくり上げる事で耳への負担を軽くすることは可能です。)
  • 上記以外に風邪を引いて鼻が詰まっている方
  • 鼻炎の方

該当する方は事前にスタッフにお申し付けください。

ご利用に際し、細心の注意を払ってまいりますが、上記に該当する場合に限らず、お客様のご様子により
ご利用続行不可能と判断した場合、中断させていただくこともございます。

La Sante 銀座の案内

料金案内

お知らせ

通常料金3,500円 / 60分
回数券5回券 ⇒ 12,000円
10回券 ⇒ 22,000円

営業時間・定休日

営業時間平日 9:00~20:30(最終受付19:30)
土曜 11:00~18:00(最終受付17:00)
定休日日・祝日

所在地・アクセス方法

住所中央区銀座6-13-16 銀座ウォールビル509
TEL03-6847-5200

※スタッフが1名の為、電話が繋がりにくい場合がございます。その際は再度おかけ直しください。
連絡なしの15分以上の遅刻はキャンセル扱いさせていただきますのでお気を付け下さい。

アクセス方法

銀座駅A4出口から300m

銀座5丁目信号を左折してみゆき通りを150m程進むと右手にある茶色いビルです(角がカラオケPASELA)。中央のエントランスホール(右に約50m)からエレベーターで5Fに上がり、降りて左のインターホンのボタンを「5」・「0」・「9」・「呼」と押して呼び出してください。

東銀座駅A1出口から200m

出てすぐのミニストップの角を左折し、最初の交差点を右折するとすぐ左側にある茶色いビルです。

Google Map